FC2ブログ

自転車競技場にてタンデム走行

大田市久手町にある自転車競技場で行われたイベントにタンデム自転車で参加して来ました。

初めて訪れましたが結構広い。

1周330mで楕円形をしていて、コースの縁がせりあがっています。

特に両端にあるコーナーはかなりの急斜面で、一番上まで行くと怖いくらいでした。

ここで小学生によるレースなど行われましたが、私は1000mタイムトライアルに挑戦。

結果は後半バテてしまいもう一息でしたが、最高速でつっこむコーナーは爽快というか少し怖いくらいでした。

その後は岡山支部所属の現役競輪選手によるデモンストレーションが行われ、プロの走りを生で見ました。

いやぁこれが凄い。やっぱプロですわ。

音が全く違うしスピードもケタ違い。

誘導バイクの後ろを走る(風の抵抗がなくなるのでスピードが出るそうです)競技では70キロ出ていたとのことでした。

その後に選手とお話し、太腿も触らせて頂きました。63センチだそうです。

タイムトライアル後にかなりのダメージを受けヘロヘロになりましたが、楽しい体験をさせて頂きました。

お話した競輪選手もこれから応援したいと思います。
スポンサーサイト

初めての外岩クライミング

先日岡山県玉野市にある王子が岳にて行われた外岩クライミングイベントに行ってきました。

外岩クライミングとはいわゆる自然の岩を登ることです。

王子が岳には山のあちこちに登れる岩があります。

切り立ったゴツゴツした岩をイメージしていましたが、広場のような所にぴょこっと岩が置いてあるという感じで初めは人工物かと思いました。

これがそれぞれに面白い形をしていて、岩ごとに名前が付いていました。

まずは手始めに一番優しい岩から・

ドーム状の形をしていて高さは約2m。周りぐるりと登れるコースがいくつかあります。

初級コースは難なくクリア。と思ったら降りるのが怖い…。

子供の頃を思い出しましたよ。興味で高い所に登ったのはいいけど降りれない…。

岩に張り付きながらズリズリと何とか降りて無事終了。

さぁ次のコースですが、この一番優しいコース以外は難しいコースばかりです。

持つ所がほとんどなく、足を掛けるのも小さな出っ張りにちょこっと引っかけるだけ。

思いのほか脚力を奪われ、手も岩で擦りむき傷だらけになってしまいました。

うーん難しい。クライミングジムの感覚をイメージしていましたが、全く別物でした。

でも登れなかったのはやっぱり悔しい。次回に持ち越しです。

今回のイベントは30名ほどの参加でしたが性別・年齢様々で皆さん本当に楽しそうでした。

驚いたのは登った後の岩を皆さんでブラシで磨いたり、周囲の清掃を熱心にしておられたことです。

また次も登らせてもらうためにキレイにする。自然の中で遊ばせてもらうとはこういうことなんですね。

自然と向き合う大切さも学んだ一日となりました。

夏休みの思い出

夏休みの思い出にと小学生の甥っ子・姪っ子が2人で泊まりにやって来ました。

普段車での移動ばかりで公共交通機関にほとんど乗ったことがないとのこと。

出雲から行きはJR、帰りは一畑電車というプチ旅行です。

せっかく松江に来てくれたので松江城に行ってみました。

お城に登る前にまずは堀川遊覧船・

ひさしぶりでしたがやっぱりいいですね。と言うか松江ってかなりの観光地なんですね。地元が思いっきり楽しめましたよ。

遊覧船の船頭さんのアナウンスで判ったんですが、松江って日本一橋が多い町だそうです。

その後は松江城に登って景色を満喫してから物産館で買い物をして帰りました。

改めて自分が住む松江の魅力を再認識した一日となりました。

甥っ子たちも大満足だったようですよ。

松江しんじ湖温泉駅でお土産を持たせましたが、甥っ子が選んだのは「大津町駅」の駅名プレートキーホルダー。

何と一畑電車の駅すべてのプレートがありました。これはマニア必見です。

遠出をしなくてもしっかり楽しめる松江ってやっぱりいいなぁ。

チャリとラジオ

エアロバイクを買いました。

ずっと欲しかったけど邪魔になるかなと敬遠してました。

みどりさんも自転車なら続けられるかもということでしたので思い切りました。

いざ設置してみてビックリです。コンパクトなんですね。あまり場所を取りません。

しかも音が全く出ず快適です。

お気に入りの音楽を聞きながら♪

と思ってたんですがラジオにハマってしまいました。

元々ラジオはあまり聞かなかったんですがいいですね。

音楽・ニュース・情報番組…次に何が始まるかワクワクします。

また地元でのコンサートやライブ情報を聞くだけでも行く事はないんでしょうけどワクワクします。

何なんでしょうかねこのラジオを聞いている時の感覚って。

今って欲しい情報をこちらから取りに行くのが当たり前じゃないですか。スマホやパソコンで。

でも敢えて流しっぱなしでたまたま飛び込んできた情報に一喜一憂。しかも無心で自転車を漕ぎながら。

何だか懐かしさを覚えます。昔自転車で走っている時にたまたま音楽が聞こえてきたみたいな。

チャリを漕ぎながらボーっとラジオを聞く時間。最近の私のお気に入りです。

行きつけのパン屋さん

食べ物ネタが続いているので私もひとつ。

仕事の合間に散歩がてらパンを買いに行くのが私の日課です。

行き先は松江駅南側にある梶谷生計が入っているビルの1階にある「くるん」。

障害者施設の四つ葉園さんのアンテナショップです。

食パンなどの定番商品はもちろん、サンドイッチやバーガーなどの調理パン・米粉を使った各種パン・季節のパンや抹茶を使ったパンなど種類が豊富です。

またオリジナルクッキーも沢山用意しておられ、シフォンケーキなどもあります。

このお店の特徴はとにかくリーズナブル。

100円台の商品がほとんどですので勧められたパンをついつい買っちゃいます。

最近食べた中では抹茶のパンが絶品でしたね。あとシフォンケーキも美味ですよ。

よかったらどうぞ。

広島にてクライミング

先日、私が活動しているボルダリングサークル「出雲スサノオモンキー」のメンバーで広島遠征に行ってきました。

目的は「ロープクライミング」をすること。

いつもやっているボルダリングは4mくらいの壁で、ロープを使わずに行います。

ロープクライムは10mの壁を命綱を付けて登りますが、下で安全確保をする仲間(ビレイヤー)と息を合わせて登る競技です。

登り方の説明を受けいざ実践!ですが、やはりボルダリングとは危険度・難易度が全く異なります。

登る方は恐怖心との戦い。やはり10mは高いですよ。4階の窓から下を覗いた高さですからね。

ビレイヤーは命を預かっているという重圧がすごいです。登る方よりもこちらのほうが緊張しました。

今までのボルダリングは楽しく賑やかにでしたが、今回ロープクライムを体験し信頼関係や責任感・恐怖に打ち勝つ度胸を教わりました。

これでまたひとつクライミングに対する見方が変わったように思います。

松江に付いて真っ先に感じたのは「早くまたロープクライムやりたーい!」でした(笑)。
プロフィール

wellcareスタッフ

Author:wellcareスタッフ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR